楽天カード 海外旅行保険

楽天カードの海外旅行保険。
年会費無料カードの割には使えると評判ですが、海外旅行保険が付いているからと手放しで喜んでそのまま海外旅行に出かけることはしないでくださいね。

実は付帯条件に重大な注意事項があります。どんな内容なのか楽天カードの海外旅行保険について解説していきますね。

海外旅行保険は自動付帯ではない

楽天カードの場合、特に注意したいのが(プレミアムカードなどは除いて)海外旅行保険は自動付帯ではありません。

つまり持っているだけでは自動で保証されないので注意が必要です。

海外旅行保険が適用されるには、出国前に海外旅行の旅費に関わる費用の一部を楽天カードで決済していることが条件となるんです。

これを利用付帯条件といいます。クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が適用されるのは自動付帯と言われるものです。

楽天カードは年会費が無料なのでこのあたりはしょうがないですよね。

しかし、適用される場面では条件があるのですが、金額については条件に書かれていないので楽天カード海外旅行保険適用の条件はそれほど厳しくないと言えそうです。

具体的な海外旅行保険の付帯条件

例えば、その旅行先の国へ行くための飛行機代を楽天カードで支払っていた。

もしくはその飛行機を乗るために空港まで行く交通費(電車、バス、タクシー)の支払いに楽天カード利用した場合は楽天カード海外旅行保険の適用ができます。(ただしマイカーでガソリン代や高速代を支払った場合は適用外)

少なくとも出国前での利用があることが条件となります。

もちろんツアー代金の振込に楽天カードを利用すれば、海外旅行保険の適用条件になります。

それ以外、例えば旅先での買い物や先払いしていないホテル代などは、適用条件に含まれないので注意が必要です。

楽天カード海外旅行保険の保証額

海外旅行保険 補償金額

万が一の事態が発生し条件を満たしていた場合、楽天カード海外旅行保険はどれくらいの保証額なのでしょうか?

  • 傷害死亡・後遺障害:2,000万円(最高額)
  • 傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用 :200万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし):2,000万円(1事故の限度額)
  • 救援者費用:200万円(年間限度額 )
  • 携行品損害 (免責金額3,000円):20万円(年間限度額 )

以上が保証内容となります。

あくまでも条件を満たしてから保証となるので確実ではないのでご注意ください。

もし「利用条件を満たせるか不安だな」「補償額が物足りないな」と思う方は、自動付帯型で補償額も大きい海外旅行保険が付帯する楽天プレミアムカードをオススメします。

こちらは出国前、出国後に関係なく保証されます。

楽天プレミアムカードは年会費がかかりますが、こちらの年会費の一部が海外旅行保険の掛け金として入っているかたちなんでしょうね。

年会費永年無料の楽天カード(通常カード)でも利用付帯といえども海外旅行保険がそれなりに付いているので、サブカードとして海外旅行に持っていくなら十分とも言えそうです。