セブンイレブン収納代行払い裏ワザ
セブンイレブンで楽天カードJCBでnanacoチャージして収納代行払いすると、公共料金等の支払いでもポイントがお得に貯まるという裏ワザがあるという噂がありました。
気になったのでこちらについて調べてみたので、ご紹介しますね。
セブンイレブンと楽天カードの関係が気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

→ 楽天カードパンダデザインの詳細

セブンイレブンのnanacoチャージは収納代行に対応

セブンイレブンではnanacoでの公共料金などの収納代行サービスでの決済で利用ができると言う特徴があります。

そしてなおかつnanacoにはクレジットカードでのチャージが可能であるため楽天カードでチャージをすることで楽天ポイントまで付与される。

つまり、

  1. 楽天カードでnanacoにチャージ(楽天ポイント獲得)
  2. 収納代行をnanacoで支払う(nanacoポイント獲得)

というポイントの二重取りができるという裏ワザが使えたんです。

携帯料金や各種の公共料金の支払は、毎月結構な金額が発生するので、こうした支払いにポイントがダブルで付けば効率的にすごいポイント数が貯められると思いますよね。

ですが…

2017年9月20日に楽天カードが

nanacoやモバイルSuica(apple payも含む)チャージでの楽天ポイントの付与を廃止する

と言う発表がありました。

これにより収納代行でも楽天ポイントがnanaco決済でも付かなくなるということになりました。

そのため現在ではこの裏ワザは使えないと言っていいでしょう。

おそらく楽天カード的になにか都合の悪い部分があったものと思われます。

過去には他の裏ワザも

さらにこれとは別で過去には、楽天カードはカードの支払いを口座だけではなく収納代行で行っていた時代もありました。

その頃にできた裏ワザはnanacoに最大のチャージ額まで入金して、その支払いをさらにまたnanacoで支払うと言うとんでもない裏ワザも存在しました。

簡単に説明すると…

「nanacoに5万円までチャージ(楽天のポイントが付く)」→「楽天カードからそのチャージ分の5万円の請求が収納代行で来る」→「その5万円をnanacoで支払う」

一見ただチャージをしてそれを0に戻しただけだと思われそうですがここでお気づきなったかと思いますがチャージ分は0になりましたがポイントだけは残ります
そう収納代行をnanacoで支払えると言うことをうまく利用した究極のポイントの貯め方だったりするわけです。

この方法でポイントを貯めまくり中には1000万円くらいまで貯めた言う人も居るとか居ないとか?
まさに最強の方法だったわけです(^o^;)

余談ですが、楽天カードを作った時に引き落とし口座を登録されない場合、カード利用料金の請求にコンビニの収納代行用紙が送られてきます。

あえて銀行口座の登録しないで、そのまま収納代行用紙で利用代金をコンビニで支払い続ける、なんて方法を繰り返す方もいるにはいるようです。
ただこのやり方をする場合は、信用情報に影響がでる恐れもあります。

なのであまりおすすめはできませんが、こうした方法を使っている方もいるのが事実のようです。

余談が長くなりましたが、結論としては

セブンイレブンでnanacoチャージを利用して、公共料金収納代行でポイント二重取りの裏ワザは現在では使うことができません!

ただ、セブンイレブンのnanacoチャージで収納代行払いすることでnanacoポイント獲得は現在でもできます。

そしてnanacoに楽天カードでチャージすることはできます。その際に楽天ポイントは付きませんが。